導入したい

ふまねっと運動を導入する最適な方法や手続を紹介します。ふまねっと運動をご自宅で個人的に利用する場合には資格は不要です。不特定の方に指導するには、有料、無料を問わず、認定NPO法人ふまねっとが認定する資格が必要です。

ご自宅で、すぐに家族と

ご自宅で、ふまねっと運動をためしてみましょう。たたみ1畳程度の広さと、新聞紙があればふまねっとオンライン教室に参加できます。

市町村で住民主体の活動に

市町村で導入するためには、住民の活動が定着して継続してことを目標に、3年程度の導入計画を立てる必要があります。ふまねっと運動を利用した住民の主体的な健康づくり活動を導入したい市町村、地域包括支援センター、社会福祉協議会などの関係機関の皆さんは事務局までご相談ください。これまでの150市町村以上の成功実績と失敗の前例をもとに、必ず成功する手順と計画をご案内します。

高齢者施設や病院で使う

デイサービス、グループホーム、特別養護老人ホーム、各種訪問看護、訪問リハビリテーションなどの業務でふまねっと運動を使用するためには、個人資格の「ふまねっとインストラクター3級」を取得する方法と、団体として利用契約を結ぶ方法「法人団体サポート契約」の二つがあります。「法人団体サポート契約」は、オンライン講習会を毎月受講することができます。くわしくは、事務局までお問合せ下さい。

通いの場やサロンで使う

通いの場などの地域の活動に取り入れたい方は、個人資格のふまねっとサポーターを取得することをお勧めします。ふまねっとサポーター養成講習会は、札幌市、帯広市、旭川市、函館市のほか、東京都東村山市、宮城県石巻市、福島県郡山市、静岡県静岡市、愛知県名古屋市、大阪府堺市、愛媛県松山市、佐賀県鳥栖市などで定期的に開催されています。また、ご要望があれば全国各地に出張いたします。講習会の会場と日程の詳細は、こちらをクリックしてご覧下さい。https://www.1to3.jp/course.cgi